私たち仙台空港北クリニックは、皆さまの社会経済活動を、感染防御の面から全力サポートいたします

来院予約

熱がある、せきが出るなど感染疑いの患者さまは予約をお願いいたします

【感染疑い患者さま】および【PCR・抗体検査】診察予約

※ 一般外来の患者さまは予約不要です。直接ご来院いただき、一般用入り口からお入りください。

発熱がある方は院内への入口からすべて別になります

当院では新型コロナウイルスの院内感染リスクを徹底的に低減するため、

  1. 感染疑い「以外」の一般の患者さまのゾーン

  2. 発熱などの諸症状がある患者さまのゾーン

①と②のゾーンは院内への出入口からはじまり待合室、診察室まですべて含めて完全に別経路となるような設計としております。

それだけでなく①と②では空調も別系統で、②の感染が疑われる患者さまの経路内が①の一般患者さまの経路よりも常に陰圧(気圧が低い)となるように制御しております。空気は気圧の低い方から高い方には流れない・・ため、ウイルスを空気ごと感染側ゾーンに閉じ込めることが可能で、一般患者さま側ゾーンにウイルスを含む空気が漏れ(もれ)出てくることはありません。

陰圧室説明
陰圧室の説明
スモークテスト陰圧側

陽圧になっている外側(前室側)から、発熱患者さまの入る陰圧診察室側へ常に流れ込む気流が発生し、煙がはね返されて戻ってくる。ウイルスを含む陰圧室側の空気は一般側ゾーンにもれない。

スモークテスト陽圧側

逆側から撮影した映像。扉を開けると陽圧側から陰圧診察室側へ煙が吸い込まれる様子が確認できる。
ウイルスを含む空気が外側にもれるような、逆方向の気流は生じない。

このようにいわば【物理的な壁】+空気の壁】で発熱外来側を完全に隔離し、院内感染リスクを最小限まで減らせるよう徹底的に防御を固めております。

不安な二人

血圧や糖尿の薬をもらわなきゃいけないけれど、クリニックにいくとコロナに感染してしまうかもしれないし、怖い🥺🥺

とこれまで心配されていた方こそ・・、当院へ来られる際にはぜひご安心くださればと思います。

Web予約は簡単、わずか3ステップで完了

当院のWeb予約は面倒なログインIDやパスワードの設定は一切不要です。

熱があったりして具合が悪い方に、余計なお手間は取らせません。

院長蒲生

以下の3ステップで誰でもいつでも、簡単に予約をお取りいただけます。

  1. 発熱やせき、ノドが痛いなどの諸症状のある方は、Web予約ボタンをクリックしたあとに【熱やかぜ症状のある方】を選んでください。

  2. 次の画面で症状に関するごくごく簡単なアンケートと、発熱患者さん専用の入り口の写真が表示されます。

  3. 最後に、空いている予約枠を選択し、お名前(フリガナだけでOKです)、生年月日、予約キャンセル用のURLなどが記載されたメールをお送りするためのメールアドレス、この3つだけ入力いただき、予約完了です。

来院後は、専用入り口の脇に設置してあるインターホンを鳴らして頂くとスタッフがお迎えに行き、一般患者さま用ゾーンとは完全に別れた発熱患者さま用診察ゾーンへご案内いたします。

【感染疑い患者さま】および【PCR・抗体検査】診察予約

※ 一般外来の患者さまは予約不要です。直接ご来院いただき、一般用入り口からお入りください。

スタッフがお迎えにあがる都合上、発熱など諸症状がある場合はなるだけ予約を入れ事前に来院をお教えくださるよう、ご協力をお願いいたします。

院長蒲生

※ 予約なしの発熱患者さまももちろんよろこんで診療させていただきますが、皆さまの安全のため、予約にご協力くださるととても助かります。

紹介先・提携病院

入院や精密な検査が必要な場合には、院長の母校である東北大学病院を含め、下記の総合病院へ適切なタイミングでのご紹介をさせていただきます。