【64歳以下も対象】ワクチンキャンセル待ちを受付中です
貴重なワクチンが無駄にならぬよう、ご協力お願いします
※このバーをタップで登録ページへ移動

PCR・抗体検査

【感染疑い患者さま】および【PCR・抗体検査】診察予約

※ 一般外来の患者さまは予約不要です。直接ご来院いただき、一般用入り口からお入りください。

こんにちは。仙台空港北クリニック院長の蒲生俊一(医学博士 / 呼吸器専門医)です。

院長蒲生

当院では呼吸器専門医ならではの二重三重の院内感染防御策を張りめぐらせた上で、下記のように新型コロナウイルスに対するPCR検査、抗体検査を行っております。

  • 保険適用によるPCR検査(PCR検査自体は無料、診察料等2-3千円) 
  • 無症状の方への希望による「自費」PCR検査(税込23,000円) ※院内でPCRを行い、結果は1時間で判明
  • 高精度のECLIA法による抗体検査(税込み7,500円) ※抗体検査の結果は3診療日後に判明

PCR検査?抗体検査?どう違うの?

こう思われる方もいらっしゃるのではと予想いたします。非常にざっくりと説明させていただきますと、

  • PCR検査=「今」新型コロナウイルスに感染しているか調べる
  • 抗体検査=「過去」にコロナに感染したことがあるか調べる

それぞれこういった目的で行う検査です。患者さまサイドから見て大きく異なるのは、保険適用の有無です。

「国が」税金で補てんする必要性のある検査かどうか

「今」具合が悪い人「今」感染を広めてしまう可能性のある人を早期に診断確定、隔離する目的で行うPCR検査は、治療やまん延防止に必要な検査ですので、医師が必要と判断すれば保険適用で行われます。

一方で、抗体検査は統計の調査や自分が抗体を持っているかどうかなどを確認したい方向けの希望の検査ということになり、治療やまん延防止に必ずしも必須でない検査となるため、国による保険適用はありません。したがって無症状の方への希望でのPCRと同様に、完全に自費での検査となります。

検体のとり方も違いあり

PCR検査はだ液、または鼻咽頭拭い(びいんとうぬぐい)液を採取いたします。

  • 症状のある方は、陰圧隔離室で万全のエアロゾル対策を行った上で鼻咽頭拭い液を採取
  • 無症状の方は、基本的にはだ液を一般外来ゾーンで採取

一方で抗体検査に関しては、血液検査となります。詳細はそれぞれ以下の記事をご覧ください。

重要なのは「いかに安全な環境で検査を受けられるか?」です

正直な話、検査結果自体はどこの医療機関で行っても基本的にかわりはありません。結果はかわりませんが、気道感染症の専門家である呼吸器専門医として、皆さまにどうしても申し上げたいことがございます。

「検査を受けに行って感染した」では本末転倒

ほんとうにこれに尽きます。

ぜひとも皆さまにはなるだけ安全に検査を受けて頂きたいと切に願っておりますが、そうはいってもどうやったら安全かどうかわかるのか、これまで情報が少なすぎて患者さま自身で判断のしようもなかったというのも事実です。

医療関係者のはしくれとして、こういった状況が放置されていたことについては申し訳ない気持ちしかありません

院長蒲生

患者さまが安全性、価格について医療機関を吟味(ぎんみ)できる状態が理想

PCR検査や抗体検査を受けようと思ったとしても、「どこで受けられるのか?」「検査を受けに行って逆にコロナに感染したらどうしよう?」「いったいいくらかかるのか?」と、患者さまにとっては不安で分からないことだらけではないかと思います。

宮城県では検査を受けられる医療機関が少ないだけでなく、感染対策や検査費用自体も医療機関によっててんでばらばらで、患者さまがこういった情報にアクセスできない、患者さまファーストとは程遠い状況が放置されてきました。

この状況を少しでも改善すべく、当院の位置する名取をはじめ近隣の仙台、福島県北を含めたエリアの医療機関を対象として、PCR検査・抗体検査の価格と院内感染予防策につき調査を行いました。ぜひご欄いただき、事前によくよく吟味をお願いいたします。

当院では、発熱患者さまがうしろめたい気持ちになる必要は一切ありません

熱がある人

熱があって受診したいけど、他の患者さんにどう思われるか心配

不安な二人

コロナが疑われる症状がもし出てしまったら、みんなに迷惑をかけてしまいそうで申し訳ない

実際に発熱外来の診療をさせていただく中で、こんなお悩みを質問される方が決して少なくありません。皆さん自分のことももちろんご心配なのだと思いますが、まず周囲に対しての配慮が先に来られる方がほとんどです。

そんな当地域住民の方の気質というか、心配りを私は大好きです。私が子供の頃から変わらずとてもすばらしいことだと思います

院長蒲生

しかしながら、この新型コロナウイルスに関しては、たとえ気をつけて生活されていても、誰でもが感染してしまう可能性があります。基本的な感染対策(マスク、ディスタンス、手洗い消毒)をわざととらずに密集地で大声で騒ぐなど、悪意をもって周囲に感染を拡大させてやろうとするような場合でなければ、特にご本人が責められるべきものでは本来ありません。

それよりも、感染が疑われる場合や濃厚接触者となってしまった場合は、早急に検査を行い診断を受け、症状の進行防止やまん延防止のための適切な治療や隔離にできるだけ早くアクセスしていただくことが重要で、それを遅らせる、躊躇(ちゅうちょ)してしまうような心配は一切不要です。

まして当院は、感染疑い患者さまと一般外来患者さまの空気の行き来すら遮断(しゃだん)するような設計となっております。

・発熱外来を受診された患者さまが、一般外来の患者さまに申し訳なく思われる必要も、
・一般外来の患者さまが、発熱外来の患者さまからコロナをうつされる心配をされる必要も、

ありません

どうかお気を楽にされてください

院長蒲生

【感染疑い患者さま】および【PCR・抗体検査】診察予約

※ 一般外来の患者さまは予約不要です。直接ご来院いただき、一般用入り口からお入りください。